2017年度活動記録

えひめマルシェ (国体)

2017年10月8日に国体会場の隣で実施されたえひめマルシェに参加しました。

 

<参加したメンバーの感想>

・暑い中お疲れ様でした。過去最高の売上を記録し、お客様にも満足いただけたと思います。最後のイベントが大盛況に終わって一安心しています。

・1日お疲れ様でした。暑い中、役割分担をして上手く対応・動けたと思います。

・本当に暑くて大変でしたが、売り上げもよく、よいイベントでした。接客もディスプレイもとてもよかったです!

・貴重な機会に出店ができて、思い出になった。
お客様は、様々なところから来て下さっていたので商品を知ってもらう良い機会となったと思う。
今後は、出店する商品が少なくなりPR方法も変えていかなければならないけれど、頑張ってほしい。

・おそらく4年生は最後の出展だったので、少し名残惜しく感じています。ですが今回のイベントでの販促はいい経験にもなりましたし、大学生活の良い思い出にもなったと感じています。
当日は天候にも恵まれ、国体ということで県内外問わずいろんな方が来場されていました。その中で、お客さまの目線に合わせた接客や対応を心がけることができたのではないかと思います。
今回、本当にたくさんの方へ商品をPRできて良かったです。ありがとうございました。

俳句甲子園 全国大会

2017年8月19日に俳句甲子園の全国大会に参加しました。

<参加メンバーの感想>

・全国大会は地方大会とはまた違った緊張感がありました。県外から来た方の目に留まった瞬間は本当にうれしかったです。

・今回は全国大会ということで、県内外各地のお客さまに試飲や購入をしていただくことができ、大変嬉しかったです。

・暑いなか少ない人数でしたが、よく頑張れたと思います。サイダーも思っていたよりも売れたのでよかったです!

・県外から来てるお客さんが結構いて驚いた。
県外のお客さんも、プロジェクトに興味を持ってくれて嬉しかった。
人数は少なかったが、協力しながらイベント出来たと思う。

 

 

また、プロジェクトのOBの先輩も来てくださいました!

先輩が購入して下さったサイダーは、現在日本エイジェントさんが地域貢献の取り組みの1つとして、県外からお越しになるお客様にお出しされています。

松山大学 オープンキャンパス

2017年8月6日の松山大学オープンキャンパスに参加しました。

オープンキャンパスではプロジェクトを紹介するPVも放送しました。
PVはこちらから

 

<参加メンバーの感想>

・楽しいオープンキャンパスになりましたが、反省点の多いところもあったように思います。

・今回、たくさんの高校生やその保護者の方にプロジェクトを知ってもらえる、良い機会となったと思います。
ジュースの飲みくらべも抽選会も大盛況のうちに終わり、足元も悪く暑い中ブースまで足を運んでくださった方々には本当に感謝しています。
ありがとうございました。
8月19日大街道で行われる俳句甲子園全国大会に向けても、準備等楽しんでもらえるしかけを頑張って作りたいと思いますので、またよろしくお願いします。

・予定よりも来場者が多くて、今回の人数では忙しくて疲れましたが、楽しかったです。

・クイズに参加する高校生、保護者の方が多かった。

・クイズや試飲などを工夫したおかげで、来ていただいた方に楽しんでいただけたのが何よりもの収穫でした。ただ、準備や役割の面では想像力に欠けており、当日にバタバタすることが多かったので次回からはもっと綿密な計画を立てたいです。そんな中でも柔軟に対応出来たところは良かったと思います。

乃万青果 工場視察

2017年7月22日に乃万青果さんの本社へ見学に伺いました。

 

<参加メンバーの感想>

・果実の選別、出荷の流れ、ゼリーをつくる様子など見ることができた。

・のま果樹園さんを実際に視察させて頂いて、普段知ることのできない生産の様子を詳しく知ることができて大変為になりました。
特に、柑橘を使用したゼリーを作っているところが印象的でした。今回の訪問で、商品開発にもつながるヒントを得られた気がするので、今後に活かしていけたらと思います。

・実際に機械などを見ることができ、果実を見ることができて良かった。
ゼリーの製造過程と機械購入について聞けたのは、商品開発をする上で参考になったのではないかと思いました。

・視察を通して、乃万青果が求める商品案が具体的に考えられた。

・機械の動く所はとても興味深かった
柑橘についてもより詳しいことを聞くことができ、これをもとにより良い商品作りができると思う

・工場の設備を実際に見ることで、自分の案を商品にするためにどんな設備が利用できてどんな設備が足りないのか…OEM先を探す必要のある作業工程などが把握でき、商品開発のイメージがつきやすくなったかと思います。

・新商品を考えるうえでのヒントがたくさんあった

・実際に工場に赴いて設備を見ることで、どのように柑橘が選別・保存されているのかということがよく分かった。
見学した設備を参考に、今ある設備で自身の案が実現可能か比較していきたい。

俳句甲子園 地方大会

2017年6月18日に大街道で開催された、俳句甲子園四国地区大会で販売・プロジェクトPRを行ってきました。

<参加メンバーの感想>

・多くの人に試飲をしてもらい、のうみん舎プロジェクトのことを知ってもらえたように思えた。ずっと立ちっぱなし疲れはしたが、その分多くの人に感想をいってもらえてよかった。

・今年度は天候にも恵まれ、気温も28℃と暑く、数多くのサイダーを購入して頂けて良かったです。    準備の段階では話し合いが難航し、一時はどうなるだろうと心配していましたが、メンバーと和気あいあいと販売することができたのではないかと思います。

・天気のお陰か、沢山のサイダーを売ることができました!のうみん舎プロジェクトに興味を持って頂いたお客様も多くとても満足しました。

・商品ラインナップは1つ少なくなったが、昨年と比べてかなりの数のサイダーが売れて嬉しかった。

・楽しかったです!

・ある程度ターゲットをしぼって接客した方がいいか迷ったが声かけして興味をもってもらって試飲していただく機会をつくることを地道に行うことも大事だと思った。

・昨年度よりも、暑く、子規生誕150年のおかげか人通りが多く、試飲、販売を積極的に勧められたと思います。皆さんよく声が出ていました。試飲→展示物を見てもらう流れになっていて、プロジェクトを昨年よりアピールできたなと思いました。昨年の反省を生かし、思い切って看板にしてよかったと思います。反省点としては、準備に時間がかかり、販売が遅れたことです。どのようにブースを作りたいのか想像力が不足していたことは私の反省点です。本番に変更は付き物ですが、もう少し意見を出し合い、柔軟に行動することから始めましょう。今年度初のイベントとしては、上出来だったと思います。反省を次のイベントに生かしていきましょう!

・のうみん舎プロジェクトのイベントで今年度初めてでも過去の経験を踏まえてディスプレイ、展示を工夫してみたり、声かけを積極的にして試飲していただきプロジェクトのことを知っていただく機会になりました。

・大きな問題もなく無事終わって良かったと思う。

・気温が暑かったので、思っていたよりも売れて驚いた。イベントが初めてのメンバーもしっかり動けていた感じだったので良かったです。

 

<接客をしている様子>

様々な年代のお客様に試飲をしていただき、プロジェクトに興味を持って頂けたと思います。

<ディスプレイやPOPの様子>

今回は冷蔵庫を導入することで商品を高い位置に展示するとともに冷えたサイダーを素早く提供することが出来ました。また、POPもより分かりやすくなるように一新しました。

<展示物の様子>

人通りに沿ってプロジェクトについての内容の展示物を設置することで、気軽に立ち寄れるように 工夫しました。立ち止まって展示物を見ていただいたり、メンバーから説明をしたりしました。

<卒業した先輩がサイダーを購入してくれました!>