広報班メンバー紹介

メンバー:(リーダー)山崎夏芽・松本華奈・神野未佳子・河野真子

前期に続き、後期も広報班で活動してきた山崎さん、松本さん、神野さんに話を聞いてみました!

 

            一年生  

          山崎夏芽さん

 

① 大変だったこと
前期から広報班として活動してきて初めの頃はパソコンの技術もHP作成のためのソフトウェアの使い方も全く分からない状態でした。自分でこんな風にしたいと考えたイメージがあっても実際にはソフトウェアの限界があったり、技術面の不定着により、HP作成もPV作成もうまくいかなくてとても苦労しました。
後期からはリーダーを引き継ぎました。今やるべきことや課題を設定すること、情報を伝える力が自分にはまだまだ足りずたくさんつまづきました。


② 学んだこと・成長したこと
後期は、前期よりパソコンに触れることが増え、回数をこなしていくうちに、ソフトウェアを段々と使いこなせるようになりました。
また、後期リーダーになってからは、失敗もたくさんして初めは先生や先輩にたくさん助けて頂きました。自分がリーダーで言いのかと思うこともありましたが、今は良かったと思っています。
さらにリーダーになったおかげでまとめる力だったり、先のことを考えて計画・発信する力が身につきました。

 

            三年生

           松本華奈さん

          

① 大変だったこと
HP作成や動画作成の知識や技術は全くなかったので、勉強しながら作っていくことが大変でした。
アイデアはあっても、技術上の壁に何度もぶつかり、試行錯誤を繰り返しました。しかし、試行錯誤し多分自分でも満足のいく仕上がりに出来て、達成感を感じることが出来ました!


学んだこと・成長したこと
何事にも当てはまることですが、「常に一歩先を考え素早く行動に移すこと」が重要だと学びました。
最初にしっかり手順を確認してスケジュールを立てたとしても、予想外のトラブルや思い通りにいかないことが多かったです。そんな時、事前に「上手くいったとき」や「失敗したとき」など何パターンか対応策やスケジュールを考えておくと、何が起こってもスムーズに対処出来ると気づきました。この気づきによってプロジェクト活動だけでなくゼミ活動や私生活でも応用し、柔軟に行動できるようになりました!
そして、情報発信する人として「何を伝えたいか」を考えることはもちろん大切ですが、今後は情報を受け取る人が「何を知りたいか」まで一歩先を読んで、常にアプローチ方法を考案していきたいと思っています。

 

           三年生 

         神野未佳子さん

①大変だったこと
商品開発案の作成、プレゼン準備と広報班での活動を計画的に両立して行う必要があったこと。
ホームページ作成、PV作成では慣れない作業に苦戦した。


②学んだこと・成長したこと
初めての経験がたくさんあり、挑戦する機会がたくさんあった。
オープンキャンパスのPV作成では、学生にプロジェクトをアピールするためにどのようなPVが最適か考え、内容だけでなく、デザイン、再生速度など細かい部分にもこだわりました。他にも素材撮影やホームページ作成など広報班として、プロジェクトに貢献することができました。
広報班の活動を通して、個人としても計画力や実行力を身につけることができました。